LOG IN

ママインタビュー#4 メイクカラーアナリスト® 矢野真理子さん #「週5保育園×正社員」じゃなくても育児と仕事は両立できる! #どっちもワーカー

by 村上杏菜

「『働きたいけど働けない』と思っているママに、
新たな選択肢を」

メイクカラーアナリスト® 
矢野真理子さん
30代後半/夫、息子(6歳)/東京都世田谷区

どんなお仕事?

肌色診断(パーソナルカラー診断)を実施し、お客様の肌に合ったファンデーションやその他のメイクアイテムのカラーについてアドバイスしています。また、肌色診断に使用するファンデーションのメーカー「フェミニンスタイル株式会社」の広報としてもお手伝いをしていて、商品のフライヤーを作ったりHPのリニューアルに伴うディレクションを行ったりしています。デザイン考案や構成、テキスト制作、写真撮影の発注・指示等です。

働き方のペース

ママ友とのお付き合いや園の行事、役員の仕事の合間を縫い、息子が幼稚園に行っている9—14時の間に仕事をしています。21時半—24時は曜日関係なくパソコンに向かっています。

肌色診断の予約を受けるのは今のところ月に3回まで。集客(ブログと『ストリートアカデミー』)から事前準備、診断(1.5〜2時間)、ご購入いただいた商品の発送、診断後のフォロー等と並行して広報としての作業もしているので、今のスケジュールではこれがギリギリのところです。子どもが小学校に入ればもう少し回数を増やせるかもしれません。

今の仕事に就くまで

大学卒業後、損保会社での示談交渉業務を経て、総合広告代理店の大阪支社で営業をしていました。

広告の仕事はとてもやりがいがありました。でも昼夜関係なく働き続けたせいか初めての妊娠で流産。それをきっかけに退職し、再び妊娠して息子を出産した後、時短勤務のスタッフとして復帰しました。息子が1歳9カ月の頃です。

夫の東京転勤にあわせて私も東京本社に移らせてもらうなど融通をきかせてもらってはいましたが、時短勤務のため仕事が中途半端になりジレンマが募りました。気持ち、体力、時間などあらゆる面で限界を感じ、息子が5歳の時に代理店を辞めることを決めました。

それから半年程度は在宅ワークをさせてもらいながらママ友や知人相手に肌色診断を練習。正式に退職してからメイクカラーアナリスト®として活動を始めました。

カラーに関する資格は代理店に勤務していた間に取得しました。グループ会社の化粧品メーカーでヘアカラー製品の広報をしていたことから「色」に興味を持ち、以前から憧れていたカラーアナリスト®の工藤亜記さんが新たにスクールを開設されたタイミングで申し込み、講座を履修していたのです。

今の働き方を選んでいる理由

自分でブレーキをかけないといくらでも仕事にのめり込んでしまうタイプ。それがわかっているからこそ「子育てを最優先する」と決めています。

大阪支社にいた時は9-14時で認定こども園に預け、実家の母にも協力してもらいながら働いていました。しかし東京の保育園はどこも待機児童でいっぱい。預かり保育を実施している近隣の幼稚園もすべて満員…。預かり保育のない幼稚園に合わせた働き方をするしか選択肢はありませんでした。
結果的に代理店での勤務はギブアップしましたが、メイクカラーアナリスト®として活動している今は、自分が納得できるパフォーマンスが発揮でき、なおかつ子どもとの時間も大切にできていると感じます。

もちろん「もっと仕事に時間を割きたい」と思うこともありますし、実際、仕事に家事に子どもの相手に園の役員に園ママとの付き合いに…と忙しくて目が回りそうなこともあります。でも一度保育園から「空きが出ました」と連絡があった時に改めてよく考え、覚悟を決めたのです。息子は新しい幼稚園で人間関係を築いている。私も大変ながらも今の働き方でどうにかやれている。だったらこの働き方でやっていこうと。

意識していることは?

自分の子育てや仕事についてよく考え、工夫することが大事だと思っています。幼稚園の役員をしていても、預かり保育がなくても、実家が近くなくても、夫が忙しくても、働く方法はある。自分の経験を通じてそう実感しています。

「働きたいけど働けない」と思っているお母さんがいるとしたら、私みたいな働き方も選択肢の一つになれるかもしれません。極端な両立の仕方じゃなく、「お母さんは家にもいるし外にも出ている」という中間のゾーンを広げていけたらいいですよね。

両立のコツ

仕事に手抜きはできませんから、家事の方でうまく手抜きしないと自分がしんどくなります。オーガニックや無添加、手作りの食事にこだわっていた時期もありましたが、今は冷凍食品を使ったり、外食したりすることも選択肢として取り入れることができるようになりました。

子育てに思うこと

後から振り返った時に後悔のない子育てをしたい。あれもこれもと忙しく、正直しんどいな〜と思うこともありますが、息子とベッタリの日々を過ごせていることの満足感は大きいです。一番大切にすべきは息子との時間。一度流産を経験したからなおさらそう思うのかもしれません。

葛藤する時、迷う時

日々の用事をこなすのに精一杯で、モヤモヤしたり悩んだりする余裕はあまりないですね(笑)。ついつい夜中まで作業をしてしまって寝不足になったり、夫を放ったらかしにしたりするのは気をつけたいと思っています…。

“お金”との向き合い方

今は投資の時期だと割り切っています。肌色診断は回数を増やせばそれだけ売り上げも伸びますが、今はまだその時期じゃない。広報としてのお手伝いも、会社の事業の将来性や商品に魅力を感じているからこそ、可能な限りのリソースを投入しています。会社が大きくなったらハワイ旅行に連れて行ってほしいですね!(笑)

満足度

物足りなさを感じる部分があるので仕事の満足度は80点。息子の前でメールや電話をすることも時にはあるし、忙しくてイライラしちゃうこともあるので、子育てに関しても80点。でも、両立の満足度は120点です!

よく利用したり助けてもらったりしているサービス、人

・  夫(たまの土日に息子を任せて仕事に行っています
・  コープの宅配サービス(買い物に行く時間を短縮)

メイクカラーアナリスト® 矢野真理子さん

Blog 「アブンダンディア®肌色診断 『魅力』を最大限に発揮できる色をご提案します」

ママの幸せが家族のしあわせ。
家族の幸せが社会のしあわせ
自分らしい育児と仕事の両立をめざして
「Mamas Be Happy」


村上杏菜
OTHER SNAPS